おーたんの日常(関西旅路編)

アクセスカウンタ

zoom RSS 源氏物語の郷 宇治を訪ねて13 黄檗山萬福寺 1

<<   作成日時 : 2012/03/28 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


みなさん、三室戸寺のお参りお疲れさまでした。

きっと運気が上がったことと思います。


さて、今回の源氏物語の郷 宇治を訪ねての散策も、

日が暮れてきましたので、最後一箇所を周り締めたいと

思います。




次に皆様をご案内しますのは・・・

黄檗山(おうばくさん)萬福寺です。


どうぞ最後までお楽しみくださいね。

三室戸寺からは少し距離がありますので、

京阪宇治線「宇治駅」まで徒歩で戻り、

電車で移動することにします。

宇治駅より2駅乗り・・・

万福寺の最寄り駅の「黄檗駅」に到着です。


ここからお寺までは駅から徒歩約3分です。^^

画像


参道を歩き、万福寺門前に到着です。

画像


黄檗山萬福寺
1661年に中国僧隠元隆g(いんげんりゅうき)禅師に
よって開創されました。
禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、
中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の
ご住職をされていました。
その当時、日本からの度重なる招請に応じ、
63歳の時に弟子20名を伴って1654年に来朝されました。
宇治の地でお寺を開くにあたり、隠元和尚は寺名を
中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。
その後、幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗し
現在に至ります。
日本でいう「禅宗」は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗に
分類されています。

萬福寺の伽藍建築・文化などはすべて中国の明朝様式です。
美術・建築・印刷・煎茶・普茶料理、隠元豆・西瓜・蓮根・
孟宗竹(タケノコ)・木魚なども隠元禅師が来られてから日本に
もたらされたものであり、当時江戸時代の文化全般に
影響を与えたといわれています。
中でも中国風精進料理である「普茶料理」は日本の精進料理
(禅僧が日常食する質素な食事)とイメージが異なっています。
見た目も美しく盛りつけられる料理の数々は、高タンパク・
低カロリーで栄養面にも優れ、席を共にする人たちと楽しく
感謝して料理を頂く事に普茶料理の意味が込められています。

萬福寺案内図です。

画像


(画像はクリックすると少し大きくなります。)

さっそく寺内を散策しますね。^^

14へ続く…

京都情報

「黄檗山萬福寺」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大きな寺院は七堂伽藍をもっていますが、黄檗山の規模には驚きますね。鳥瞰図を見てその大きさに目が釘付けになりました。山門が中国を感じさせます。流石に中国を意識した黄檗山です。
七堂伽藍
2012/04/01 23:49
こんにちは♪
中国福建省っていうと
頭をよぎるのは、お茶だったりします^^;
あとは、少林寺の僧だったり。
普茶料理は日本の精進料理!
また、学習しましたm(__)m
haru
2012/04/03 14:10
七堂伽藍さんへ
こんばんは。
七堂伽藍の規模は僕も全国歩いていますが、
国内有数の寺院だと思います。
立派な寺院でした。
おーたん
2012/04/06 20:05
haruさんへ
こんばんは
僕も福建省というと、ウーロン茶がまず最初に出てきます。w
万福寺ははじめて訪れましたが色々勉強になりました。^^
おーたん
2012/04/06 20:12
 おはようございます。

 中国風のお寺というのは、以前訪れた時に聞いていましたが・・・
 隠元和尚が開いたというのは知りませんでした。
 勿論、普茶料理を食したかどうかも・・・
 ボケが始まっているみたいです。
まさむら
2012/04/10 05:53
まさむらさんへ
こんにちは。
そんなことないと思いますよ。
もう一度訪れてみてください。
きっと当時のこと思い出すと思います。^^
おーたん
2012/04/15 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

応援してね!



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

おススメです!



海外旅行なら


松阪牛です。


ネットショップを始めるなら




  • 無料SEO対策


祝!第1回東京駅検定
1級取得


祝!第2回東京駅検定
1級取得
源氏物語の郷 宇治を訪ねて13 黄檗山萬福寺 1 おーたんの日常(関西旅路編)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる