おーたんの日常(関西旅路編)

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅井三姉妹の故郷を訪ねて 7小谷城址 3

<<   作成日時 : 2011/11/27 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

画像


小谷城本丸を目指しさらに足を進めます。

しばらく行くと、またまた遺構が見えてきました。


御馬屋曲輪です。

御馬屋敷曲輪は本丸を防備するために築かれ、
三方を高い土塁で囲まれています。
また御馬屋敷曲輪の清水谷の斜面側にはいくつかの
竪堀が見受けられます。

この場所には、馬洗池と御馬屋があったみたいです。

御馬屋址(俗に言う馬小屋)

画像


馬洗池跡

画像


南北9m×東西6.6mの石組みの池で、中央に仕切りがあります。

目指す本丸は近いようです。

さらに先へ進むと石積みの遺構が見えてきました。

画像


黒金門跡です。

画像


門を抜けると、めざす本丸までは間もなくです。

画像




8へ続く・・・

滋賀情報

「小谷城址」






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
馬は今の人にとっては車のようなものだから、当時はさぞかし大事にされたのでしょうね。
ああ、やっぱり再現図がないとどんな感じだったのか、全体像が思い浮かばない…
本丸までの石段が歴史を感じさせます。
タヌ子
2011/11/27 11:53
やはり、城というと石垣というイメージがありますねー。山城は特に城跡というのはお城に見えにくいンですよね。昨年だったか、こちらでも幻の城と言われた山城が発見されたそうです。名前は忘れましたけど。(汗)
G
2011/11/27 17:33
 こんばんは。

 大広間に設けられた重要な門・・・
 どういう意味なんでしょうか?
 大広間があった建物の門ということなんでしょうか?
 
まさむら
2011/11/27 18:23
高い山の上に構築した城内で馬を育てるのには大変な苦労があったと思われます。高台の池に水を溜める苦労が偲ばれます。竪堀は何段にも及んだそうですね。工事も大変だったと思います。
ゴチ
2011/11/27 23:15
高い山の上に構築した城内で馬を育てるのには大変な苦労があったと思われます。高台の池に水を溜める苦労が偲ばれます。竪堀は何段にも及んだそうですね。工事も大変だったと思います。
ゴチ
2011/11/27 23:16
タヌ子さんへ
こんばんは。
人馬一体とは良く言ったものだと思います。
再現図・・・ごめんなさい^^;
次回の更新でご用意しますので少々お待ち下さい。
おーたん
2011/12/01 20:35
Gさんへ
こんばんは。
そうですよね。
石垣のイメージは強いですよね。
山城の新発見があったのですか!
場所はご存知ですか?
教えてくださいませ^^
おーたん
2011/12/01 20:51
まさむらさんへ
こんばんは
解説不足で申し訳ございません。
そのとおりで、天守閣前の大広間にある重要な門です。
よろしくお願いいたします。
おーたん
2011/12/01 21:00
ゴチさんへ
こんばんは
そうなんですね。
勉強になります。
そう考えると当時の苦労とともに技術の高さが思い偲ばれますよね。
おーたん
2011/12/01 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

応援してね!



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

おススメです!



海外旅行なら


松阪牛です。


ネットショップを始めるなら




  • 無料SEO対策


祝!第1回東京駅検定
1級取得


祝!第2回東京駅検定
1級取得
浅井三姉妹の故郷を訪ねて 7小谷城址 3 おーたんの日常(関西旅路編)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる