おーたんの日常(関西旅路編)

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅井三姉妹の故郷を訪ねて 3 小谷城戦国歴史資料館

<<   作成日時 : 2011/11/13 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


長浜城址からの琵琶湖のせせらぎをしばらく楽しみ、

次は浅井三姉妹の生まれ育った、

父浅井長政の居城 小谷(おだに)城址に向かうことにします。


琵琶湖の風光明美な風景を目にしっかりと焼き付け、

さっそく向かうことに・・・




小谷城
日本五大山城の一つに数えられる。
標高約495m小谷山(伊部山)から南の尾根筋に築かれ、
浅井長政とお市の方との悲劇の舞台として語られることが
多い城です。
戦国大名浅井氏の居城であり、堅固な山城として知られていましたが、
元亀・天正の騒乱の中で4年間織田信長に攻められ落城しました。
その後、北近江の拠点は長浜城に移されたために廃城となりました。
現在は土塁・曲輪などのほか、先駆的に取り入れられた石垣なども
遺構として残っています。
国の史跡に指定

日本五大山城
春日山城 (新潟県上越市中屋敷)
月山富田城 (島根県安来市広瀬町)
観音寺城 (滋賀県近江八幡市安土町)
小谷城 (滋賀県長浜市湖北町)
七尾城 (石川県七尾市古城町)

小谷城址の麓へは、車で約30分で到着です。

さっそく周囲を散策します。


画像

(画像はクリックすると少し大きくなります。)

車を降りると、すぐ近くに・・・

「小谷城戦国歴史資料館」がありました。


画像


小谷城址を見る前に、しっかりと学習しておきたいと思います。
画像


小谷城戦国歴史資料館
小谷城の清水谷武家屋敷跡にあった児童館を閉鎖し、
2007年10月に小谷城の歴史資料館として
再オープンしました。
「戦国大名の浅井氏」と「小谷城」の2つをテーマにした
展示室があり小谷城跡から発出土品も展示されています。

  • 小谷城戦国歴史資料館 公式HP


    みなさん、しっかりと学習していただけましたでしょうか。^^

    小谷城について深く知ったところで、さらに麓の散策を進めます。

    4へ続く・・・

    滋賀情報

    「小谷城戦国歴史資料館」
















  • テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 2
    ナイス ナイス

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(8件)

    内 容 ニックネーム/日時
    流石に五大山城の一つですね、隙が無いように見えます。攻める方は大変だったと思います。兵と糧が決めてでしょう。強固さを誇っても時間には勝てないようです。ここで信長を破っていたら歴史は大きく変っていたに違いありません。
    ゴチ
    2011/11/13 21:34
    はーーい。
    勉強になりました〜〜(笑)
    G
    2011/11/14 12:17
    敵に周囲から攻められたら、すぐに逃げ場なくなってしまいそうなお城ですね。
    こういう資料館があると、歴史音痴の私でもなんとなく分かった気になります。
    タヌ子
    2011/11/15 00:03
    ゴチさんへ
    こんばんは。
    そうですよね。
    朝倉・浅井連合軍が織田軍を破っていたら時代は大きく変わっていたでしょうね。
    考えてみると想像に付きませんよね。
    おーたん
    2011/11/16 20:40
    Gさんへ
    こんばんは。
    勉強になったみたいで、とっても嬉しいです。(笑)
    おーたん
    2011/11/16 20:42
    タヌ子さんへ
    こんばんは。
    山城は確かにそうかもしれませんよね。
    逆にメリットとしては、下からだと攻めにくく、矢や鉄砲は上から下に放った方が攻撃力が増しますので、そういう優位性もあります。
    相対的には守りやすく攻めにくくなっていました。
    おーたん
    2011/11/16 20:45
     こんばんは。

     小谷城は有名ですね。
     特に、今年は大河ドラマで・・・
     と、言いながら私は見ていませんが・・・
     難航不落だったのでしょうが、鉄砲が伝来したために・・・
     いち早く、その力を見抜いたところが信長の凄いところですね。
    まさむら
    2011/11/27 18:04
    まさむらさんへ
    こんばんは
    そうですよね。
    信長の先見の明、僕も少し分けてほしい位、感心します。^^
    おーたん
    2011/12/01 20:30

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文

    応援してね!



    ブログランキング

    にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
    にほんブログ村

    おススメです!



    海外旅行なら


    松阪牛です。


    ネットショップを始めるなら




    • 無料SEO対策


    祝!第1回東京駅検定
    1級取得


    祝!第2回東京駅検定
    1級取得
    浅井三姉妹の故郷を訪ねて 3 小谷城戦国歴史資料館 おーたんの日常(関西旅路編)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる