おーたんの日常(関西旅路編)

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅井三姉妹の故郷を訪ねて 2 長浜城

<<   作成日時 : 2011/11/09 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


9:40 定刻通り電車は長浜駅に到着しました。

そこから一路、浅井三姉妹の最後の養父である、

豊臣秀吉が一番最初に城持大名になった時の居城、

長浜城に向かうことにします。

駅前に出ると、すぐに長浜城の天守閣が見えました。

比較的こじんまりしたお城のようです。


画像


さっそく向かいます。

駅から3分も歩かないうちに長浜城公園に到着です。

画像


まずは、城のシンボル天守閣を目指してみることに・・・

長浜城天守閣です。

画像


長浜城

1573年に羽柴秀吉(豊臣秀吉)が浅井長政攻めの功で、
織田信長から浅井氏の旧領を拝領した際に当時
今浜(いまはま)と呼ばれていたこの地を信長の名から
一字拝領し長浜に改名しました。
小谷城で使われていた資材や、竹生島に密かに隠されていた
材木などを見つけ出し、それらを使用し築城を開始したと言われています。
当時の城の姿は図面等が現存せず、判っていません。
現在の天守は1983年に犬山城や伏見城をモデルにし模擬復元されたもので
市立長浜城歴史博物館として運営されています。

天守閣を見上げ、当時の長浜城は一体どんな姿だったんだろうな?

しばらく想像をめぐらせます。


城内はすごくこじんまりしており、

15分もあれば一通り散策できそうな規模です。

天守閣の周囲を散策してみることにします。


豊臣秀吉像です。

画像


秀吉が豊臣姓を朝廷より下賜されたのは、

大阪城に入城してからの事で、この当時は羽柴(はしば)姓を名乗っていました。


この長浜城、冒頭でも申し上げましたとおり、

琵琶湖の湖畔に建っています。


絶景を期待しながら湖畔に近づいてみることに・・・

途中、案内板がありましたので読んでみます。

画像


矢印に従って足を進めます。

太閤井戸です。

画像


太閤井戸

長浜城築城の時に秀吉が掘らせた太閤井戸です。
秀吉の没後、石垣の一部とともに長浜城の往時を
思い起こさせる数少ない遺構です。
渇水時のみ近くまで行くことができます。

たまたま運よく渇水時でしたので近くまで行くことが出来ました。

目の前には琵琶湖の絶景がありました。

しばらく風景を楽しみます。
画像


琵琶湖の眺めを充分に満喫したところで、

次の目的地であり、浅井三姉妹が生まれ育った

小谷城(おだにじょう)址に向かうことにします。


3へ続く・・・

滋賀情報

「長浜城」








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。

 井戸・・・
 何か、琵琶湖の一部のように見えますが・・・
 渇水時にしか近づけない?
 いわゆる、つるべで水を汲む井戸ではないのでしょうか・・・?
まさむら
2011/11/09 05:57
まさむらさんへ
こんにちは。
井戸の遺構がかろうじて見えました。水がひいたらもう少しよく状態を確認できるのかもしれません?もう少し詳しく調べて見たいと思います。
おーたん
2011/11/09 11:08
豊臣秀吉一族が政権を継承できなかったのは何故でしょう。秀吉の人格にあったような気が致します。利休を死に追いやったのも武将達に反感を持たれたかもしれません。「奢る平家は久しからず」は知っていたでしょうに!
ゴチ
2011/11/09 21:59
こんにちは♪
琵琶湖の絶景はなんとも言えないでしょうね♪
私も見たいです。
羽柴を名乗ってた!?
驚いちゃいました。
奥が深いですねー
haru
2011/11/12 15:35
外国のお城は石造りだから、戦火に焼かれても外観だけは残るので、復元もしやすいけれど、日本のお城で残るのは石垣だけですもんね。
広大な琵琶湖を眺めながら、秀吉は天下取りの構想を練っていたのでしょうね。
タヌ子
2011/11/13 02:07
ゴチさんへ
おはようございます。
本を読んだ知識では、晩年の秀吉の行動はかなり可笑しかったみたいですね。
遅くに出来た跡取り(秀頼)の無事天下をつなぎたいという焦りがあったのでしょうか?
おーたん
2011/11/13 08:50
haruさんへ
おはようございます。
秀吉公はかなりの人たらしという言い伝えが残っていまして、羽柴という名字にも意味があります。今でいえば、会社で末席の課長さんになった秀吉、当時は木下姓だったのですが、名前を変えることにしました。どういう名前にしようかと考えた挙句、会社にやり手の取締役、丹羽長秀と同じく柴田勝家という人物がいたのですが、両人に可愛がってもらおうと、その一字をもらい羽柴という姓にしたいう話が残っています。
おーたん
2011/11/13 09:00
タヌ子さんへ
おはようございます。
そうですよね。
戦火でもそうですし、記事でご紹介しました通り、当時もリサイクル意識が高かったみたいで、戦火で廃城になった小谷城の資材を持ってきて城造りを進めたと言われています。
いずれにしても当時どういう姿だったのかとっても興味がわくところです。
おーたん
2011/11/13 09:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

応援してね!



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

おススメです!



海外旅行なら


松阪牛です。


ネットショップを始めるなら




  • 無料SEO対策


祝!第1回東京駅検定
1級取得


祝!第2回東京駅検定
1級取得
浅井三姉妹の故郷を訪ねて 2 長浜城 おーたんの日常(関西旅路編)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる