おーたんの日常(関西旅路編)

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂本龍馬が歩いた道〜京都 伏見1 寺田屋

<<   作成日時 : 2011/06/01 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


みなさん、こんにちは。

前回は特別編として九州横断の旅に、
お付き合いいただき、ありがとうございました。


今回は久しぶりに舞台を関西に移します。

ところで、みなさん京都市の伏見地区をご存知ですか?

そうそう・・・

歴史が好きな方は、「寺田屋」 お酒が好きな方なら「伏見の地酒」

幕末の町並みが残る、お勧めのスポットです。

これから、みなさんと共に、伏見の町並みを散策していきたいと思いますので、

お付き合いの程、よろしくお願いいたします。


今回の散策は、朝10時 京阪電車 京阪本線「中書島」駅からスタートします。

それではどうぞご一緒に。^^



画像


中書島駅を出て、すぐ左手に寺田屋方面に続く商店街がありました。

まずは、寺田屋をめざし、散策をしたいと思います。

商店街のお店は、魚屋さん、八百屋さん、肉屋さん、雑貨屋さん等のほかに、
観光地ですのでお土産屋さん、そしてなにより日本を代表するお酒の町ですので、
お酒を飲ましてくれるお店が一杯ありました。


(一杯飲みたい気になっていたのですが、まだ朝が早いので店が開いていません^^;)

商店街を散策しながら、10分ほど歩くと「寺田屋」に到着です。

画像


寺田屋遭難
坂本龍馬襲撃 (1866年3月9日)、「寺田屋遭難」で知られる事件は、
京での薩長同盟の会談を斡旋後に薩摩人として宿泊していた坂本龍馬を
伏見奉行の林肥後守忠交の捕り方が捕縛ないしは暗殺しようとした事件です。

龍馬や長州の三吉慎蔵らは深夜の2時に、
幕府伏見奉行の捕り方百数十人に囲まれ、
いち早く気付いたお龍は風呂から裸のまま
裏階段を2階へ駆け上がり、投宿していた
龍馬らに危機を知らせました。
捕り方に踏み込まれた龍馬らは、拳銃や手槍を用いて防戦し、
捕り方数名を殺傷するも、自らも手の親指(左右)を負傷し、
辛くも脱出して材木屋に隠れます。
三吉慎蔵は伏見薩摩藩邸に駆け込み、救援を求めました。
薩摩藩邸は川船を出し、救出された龍馬は九死に一生を得ることができました。
薩摩藩邸は龍馬に対する伏見奉行からの引き渡し要求を拒否し続けました。
龍馬はその後、伏見の藩邸から京の藩邸(二本松)に移りましたが、
また伏見の藩邸に戻り、大阪から船で鹿児島に脱出しました。
そのしばらくの間は西郷隆盛の斡旋により薩摩領内に湯治などをしながら潜伏します。
このお龍との旅行が、一般的には日本初の新婚旅行とされています。
この事件に新撰組が関わったとの説もありましたが、
伏見奉行が「肥後守」であったことから、たまたま同じ官位の
京都守護職、松平容保が誤認されて、それにより配下の新撰組の関与が疑われました。

幕末の大事件の舞台です。

寺田屋は鳥羽伏見の戦(1868年)に罹災し、焼失していて、
現在の建物はその後再建されたものです。


素泊まりのみの宿泊も可能ですので、
幕末史に興味のある方にはお勧めのスポットです。


拝観・開館時間 10:00〜15:40
見学所要時間 約20分
休日・休館 年始1/1〜1/3 月曜不定休あり
(シーズンオフの場合)
料金   通常 団体割引 障害者割引
大人  400円 360円  300円
大学生 300円 250円  
高校生 300円 250円  
中学生 300円 250円  
小学生 200円 150円  
幼児入場不可 30人以上団体割引
予約方法 団体のみ要予約(電話)
備考 宿泊6,500円(要予約)


建物の横には龍馬の像がありました。

画像


その前で当時の事件について思い考えます。

2へ続く・・・

京都情報

「寺田屋」













テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お龍さんが気が付かなければ龍馬はその場で斬られていたのでしょうね。
寺田屋は見学できるだけじゃなく、宿泊も出来るのですね。
伏見探訪、続きを楽しみにしています。
タヌ子
2011/06/01 13:57
 おはようございます。

 寺田屋って伏見区にあるんですか?
 知りませんでした。
 京都はかみさんと何度となく・・・
 でも、寺田屋は尋ねたことがないですね。
 かみさんも、行こうと言いませんし・・・
 これだけの、歴史上有名な舞台なのに・・・
 宿泊できるのなら、是非とも止まってみたいですね。
まさむら
2011/06/02 05:43
前回はお肉、今回はお酒ですね〜。
あららら、こんなところにばっかり目が行くボクは、やっぱり食いしん坊なんでしょうか。
 常に、ロクなもの食べてないせいでしょうか(泣き笑)
G
2011/06/02 12:19
こんにちは^^
お酒を飲ましてくれるお店〜最高かも(笑
寺田屋は焼失していて、
後再建されたものなのですね。。
有名なのでしょうね☆
haru
2011/06/02 13:57
タヌ子さんへ
おはようございます。
そうですよね。
まさに命の恩人です。
ここで龍馬が斬られていたら色々考えます。
日本初の新婚旅行は、この事件の後の龍馬とお龍の逃避旅行と言われていますが、その歴史も変わったのでしょうね。
おーたん
2011/06/04 09:37
まさむらさんへ
おはようございます。
伏見も良いところですよ。
今回色々と紹介させていただきますので、
次の機会には是非行ってみてください。^^
おーたん
2011/06/04 09:39
Gさんへ
おはようございます。
肉→お酒ときたら次は何をいきましょうか?
魚かな?

おーたん
2011/06/04 09:44
haruさんへ
おはようございます。
今回は朝からでしたので、酒蔵の試飲+帰りに少し飲んだ位なのですが、次回は日が暮れてから訪れたいと思っています。その時はharuさんも如何ですか?
寺田屋は坂本龍馬の関連施設ということもあって、人気の観光地の一つとなっています。
週末には観光客が途絶えることが無いような感じです。
おーたん
2011/06/04 09:52
日本に居るときに行っておけばよかったと後悔しています・・・。引き続きレポート楽しみにしています。
ANT
2011/06/04 13:25
ANTさんへ
おはようございます。
帰国の際にはご案内しますね。
そちらのワインと伏見の日本酒是非見較べてみてください。^^
おーたん
2011/06/05 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

応援してね!



ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

おススメです!



海外旅行なら


松阪牛です。


ネットショップを始めるなら




  • 無料SEO対策


祝!第1回東京駅検定
1級取得


祝!第2回東京駅検定
1級取得
坂本龍馬が歩いた道〜京都 伏見1 寺田屋 おーたんの日常(関西旅路編)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる